読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージはいつでも雨のち晴れ

高く翔び立つキミに風を送りたい

春はすぐそこ。

寒いのがニガテで冬になると、途端にテンションがさがりがち。

はやしくんの現場もカウコンが最後で、それからずっと冬眠してる感覚。

チケットとれない夢みたり、必死に電話かけてる夢とか…そんなんばっかりで気持ちもなんか疲れたな~…って思ってて。欝々とした2か月間を過ごして気がする。

 

それが一気に動き出した!!!

 

《2/23 ジャニーズ銀座2017のおしらせ》

今年はジュニア祭りがあるから、クリエはやらないんじゃないかって噂されてて、個人的にはあるだろうと思ってたけど何の保証もないから内心ドキドキで。それがついに!ようやく!発表になった。

 

えええええーーーー!!!

宇宙SixとMADEちゃんの合同公演なんてある!びっくり!

 

f:id:yuzukosho01417:20170304004332j:plain

単独5、合同7か。単独が金土日…倍率あがりそう(;´・ω・)

当たる当たらないはともかく、2016.11.11に新しくグループが誕生してから念願の初ライブ、本当にうれしいよ!!よかったね~、おめでとう。

 

《3/2 滝沢歌舞伎2017 当落発表》

3月上旬っていつよ?って思いながら、締め切りから1か月近くたったのに放置プレイで…わたしが夢でうなされてた原因は絶対、これだ!滝沢歌舞伎大好きなのに一枚もチケットが手元にない不安感…焦燥感…早く解放されたかった。

そしたら、始まった!今年は全FCマイページで確認できるから、ありがたい。

結果:(当選率とともに記録に残しとこ)

*滝つ名義70%(すべて土日祝に4枚で申し込み、ほぼ第一希望で当選)

*ジュニア名義63%(2枚で申し込み。土日祝は落選、平日昼は当選するもすべてA席に振り替え)

*V名義100%(一個しか持ってないから。こちらも祝日第一希望で4枚当選)

 

サーバーがおちたのか、システムエラーだったのか、当落がみられなくなるトラブルがあったけど、無事30分程度で確認完了。

なんとか行きたい公演は行かれそう。あとは歌舞伎会の先行、がんばる!にしても、やっぱり今年も厳しかったなぁ。年々倍率上がってない?すの担さん増えてるから?

とにもかくにも、座長名義が強いことを再確認。滝様、本当にいつもいつもお世話になってます( ;∀;)

 

クリエの当落というでかい案件が控えてはいるけど、今年もよぉいやさぁができる!春が迎えられる!そう思ったら、すごく気持ちが軽くなった。

 

春はもうすぐだ。初日まで33日!!!

はやしくん、楽しみにしているよ♪

 

 

 

 

2016年振り返り②

下半期もいってみようかな。

《7月》

7/15 「ABC座」発表。えだりょ出演決定!

わあああああーん!えだりょにも現場きたー!しかもえび座ですって?絶対いいポジションで、楽しい現場に違いない!えだりょ担さんたち、よかったねぇ( ;∀;)

7/28 「アンダースタディ」当落発表&追加公演決定

またしてもこの日はEXシアターのサマステ、すのらぶ公演へ向かう途中での伝言板メール!!爆!

www.theater.hakuhinkan.co.jp

追加公演きたーーーーーーー!!9/4昼、9/6昼、9/8昼の3公演が追加になり、全15公演に!!締め切りから随分と待たせるもんだから、ひょっとして追加日程の調整?って思ってたんだけど、本当にそうだったなんて。はやしくん、高田くん、ひろき、3人への期待値の高さが多くの申し込みに繋がったと思うと泣ける( ;∀;)

肝心の当落結果、行きたい公演はなんとか押さえることができた。ひと安心。にしても千秋楽お友達と合わせて20超かけて当選1名義だけとか…恐ろしー。そして、自分のお誕生日に公演があって、それも昼夜いけることになった。何よりの誕プレ!わーいわーい。そうそう、情報局(仮)「林翔太」で登録している名義の当選率と良席率の高さ、これは今後の参考になるなぁ。偶然、会う約束してた相方ちゃんと祝杯あげる!かんぱーい!

《8月》

結構あちこちの現場へ浮気しに行った、笑。きすまい、えび、サマパラ、サマステ。いやー、ヲタクの夏ってこんなに楽しいんだね。でも無邪気に楽しめるのは秋に自担の現場控えていて当選していることもわかっていたから。余裕があるとなんでも楽しいもんだw

8/19 「アンダースタディ」チケット発送

手元に届くと、いよいよ!って気持ちが高まる。でも始まったらあっという間なのわかってるからこのままずっとチケット眺めてドキドキわくわくしていたいなー。

《9月》

9/1-9/11 「アンダースタディ」全15公演

f:id:yuzukosho01417:20161224223018j:image

初日の博品館に足を踏み入れた時の、客席と舞台の近さに失神しそうになったのを思い出す。ちょっとアンダースタディ全部振り返るのは無理だ(放棄)だって、濃厚すぎて。一言で言うなら「夢」。あんな近くではやしくんのダンスとお芝居みられるなんて、もう二度とないかもしれない。それぐらいspecialだった。ドルフィンのときなんて、おなか丸見えだったし、近すぎて目のやり場に困ったとか。息遣いまで聞こえてきそうな距離感。博品館は特別な空間だったなぁと改めて。

yuzukosho01417.hatenablog.com

アンダースタディ終わって、ロスりつつも、「縁」「少年たち」「ドリボ」結構あちこち現場いってた、笑。9月の手帳見返すと、現場率半端ない。

9/13 「滝沢歌舞伎2017」DVD発売

ふわふわと余韻に浸る中、しれっと届いてた。でもすぐに開封したくなかった。楽しみが終わっちゃう気がして、演舞場を思い出してこじらせちゃいそうな気がして。結局、2週間近くたってようやく開封の儀。たくさんたくさん、はやしくんの春のきらめきが映像になっていた。…なんも言えない(涙)わたし死んだら、これ棺桶に入れてほしい(真顔)

9/14 「嵐」ツアー当落発表

のんびりさせてくれないのが事務所さん。結果、札幌1名義のみ当選。厳しー!!今回は11月、12月に分かれていたし、平日公演が多いから東京公演もイケるかなとか思ってたけどそう甘くはなかったみたいです。チーン。来年は最初から札幌がんばろうと心に誓う。

9/25「Dance Square」発売

f:id:yuzukosho01417:20161224223112j:image

f:id:yuzukosho01417:20161224223157j:image

新コーナー「ジャニーズJr.徹底解剖」第1回目に、なんとはやしくん!!はやしくんの時代キタコレ!!絵本に出てくるみたいな愛くるしいビジュアルにも泣いたし、計測値みて思わず自分と比較したし、アルファベット形式の回答にいちいち突っ込みいれたくなるし、ページ数の多さにあわあわしたり。でも、何よりも、テキストがさぁぁぁ…!聞きたかったことたくさん答えてくれてたんだよ。びっくりするくらいぶっちゃけてくれてたんだよ。心の扉ひらいてくれてた、謎だらけのはやしくんがさ。

ひとりだけ、アンダースタディの仕事が決まって複雑な気持ちになったこと。They3人そろってのお仕事が今年はほとんどないこと。全部全部はやしくんはわかってた。ファンが不安になってることもわかってくれてた。それでも「迷ったときは笑顔が多い方を選ぶ」って、そう考えてくれてた。もう、もう、もう、なんなの、この人!!!泣かせないで。これ以上好きにさせないで。このダンスクも歌舞伎のDVDといっしょに棺桶に入れてほしい。

《10月》

10/5 Theyたくなひととき更新

この日の更新読んで、本当にうれしくて泣けた(即スクショ)。わたしたちだけじゃないくて、はやしくんにとってもアンダースタディがトクベツなものだったんだ、ってことが伝わってくる内容だったから。珍しく、熱くてエモくてさ、「ファンの心読めちゃってます?」みたいな写真と言葉とで綴られた連載…はやしくん好きになってよかった!幸せ!って思いがまたこみ上げる。26歳の夏を費やしたお稽古の日々、博品館での経験は、間違いなくはやしくんの糧になってるんだね。秋も尊いよ…

10/7 「劇ラヂライブ!2016」秘剣つばめ返し出演決定

f:id:yuzukosho01417:20161224223309p:image

ぎゃー!!!またしても、またしても高田くんとお芝居のお仕事が。しかもラジオだよ?NHKだよ?どうしよう、はやしくの美声が全国に流れちゃう!みつかっちゃう!にしても、ラジオドラマってなんだろう。とにかく声だよ、はやしくん。得意なやつだよ。爪痕残そ!!

10/30 「劇ラヂライブ」観覧

素敵なご縁があり、NHKホールに観覧にいくことができた。またもや女神に感謝!当日、指定の場所に集合。なにせ全く勝手がわからないもんだから、まぁ緊張すること。150名ちょっとだったかなぁ。収録スタジオはちょっとしたホールになっていてずらりとパイプ椅子が並べられていて。ADさんの前説きいて、いよいよキャスト登壇。はやしくんは最下手、だったかな。ちょっともさっと重くなった黒髪と、不思議なジャケットきてた、笑。でもかわいいいいいいいー!笑ってる!!発声準備で唇ぷるるるってした!そして本番スタート。演者さんと間合いをはかりながら、台本を目で追い、佐々木小次郎を演じるはやしくんに釘付けになってるうちに終了。50分ちょっとかな。はー、緊張したぁ。でもノーミス?だったよね?さすがだわぁ!美声をシャワーのように浴びて、耳と脳がすごく幸せだった。

《11月》

11/11-11/13 「嵐」Are You Happy?@札幌公演

10月中旬ごろからTheyに関して例の噂がささやかれるようになる。…どういうことなんだろう?そんな不安な気持ちの中、札幌に向かうのが怖くて怖くて仕方なくて、空港に向かう道中、すでに涙がとまらなくて。とにかく自分の目で確認するまではわからないし!…そう思って、なんとか飛行機に飛び乗った。札幌ドームでお友達と合流、お互い不安な気持ちを共有しつつ、They武道の8周年のお祝いだし、ってみんなで励ましあって、いざ着席。

初日の幕が上がって、メインステにはやしくんたちが現れて、衣装と胸元のコサージュをみた瞬間、あの噂が本当だったんだって…激しく動揺して…そこからは記憶がない、ほとんど。双眼鏡を構えながら震えが止まらず、最後のメンバー紹介でスクリーンに映された「宇宙Six」の文字。メインステには黄色の衣装をまとった、えだりょはや、こた、はら、めぐ…の6人。ああああああああああ、もうなにがなんだか。とにかくショック。なにがショックって名前のダサさもだけど、They武道がなくなったって事実が。まさかThey武道の結成日にこんな展開になるなんて。

この日はどうやってホテルに戻ったんだろうってそんなことも覚えてない。人間、強い衝撃を受けると記憶が飛ぶっていうけど、こういうことなんだね。

それでもうれしいこともあって。札幌最終日、MCでグループ紹介をしてもらえた。しかも全員がマイクもってしゃべらせてもらえたの。嵐のコンサートでだよ?信じられないよ?長年バックをつとめてきた、They武道の門出へのはなむけのように感じられて、この粋なはからいが、純粋に嬉しくて泣けてしかたなかった。嵐兄様、ほんとうにありがとうございます!

11/19-11/21 「嵐」Are You Happy@東京ドーム 

札幌で強く頭を殴打されたので(笑)宇宙Sixに少し耐性ができたかも。慣れってすごいよね(ポジティブ)はやしくん、いつもどおりアイドルスマイル全開で踊ってファンサしてた。時々、おや?って思うこともあるけど、それもわたしの思い過ごしなのかもしれない。ステージの上ではかわいいし、かっこいいし、沸けるし。悔しいけどはやしくんのことが好きなんだなぁ。完敗。

11/29 「ベストアーティスト」出演

f:id:yuzukosho01417:20161224224024j:image

ぎゃー!!Don't You Get It!のバックに!!Jr.が!!でたーーーー!!グラサンかけてる、腰振ってる。久々の地上波、破壊力すごい。でこ出しはやしくん(最前列、一番右)歌舞伎ぶりだ。エロいー!!!どーしよ!?(どうもしない)

《12月》

12/17-18 「嵐」Are You Happy@ナゴヤドーム

公演数重ねたからなのか、だいぶリラックスして笑顔が多いように思ったなぁ。それにしても、りょうちゃんの調子がなんだか悪そうで、それをチラチラ横目で気にしているようにみえた。やっぱりこの二人は同級生でシンメなんだよなぁ。月と太陽、静と動、冷静と情熱、陰と陽…真逆なんだけど、かっちりハマると抜群にかっこいい。はやしくんの髪型、襟足短くて全体的にボリュームのある不思議な感じになってたなw 立ち位置とか微妙に変わってたりした。まあ、名古屋はほんと、旅行楽しんだわぁ。遠征先ってすぐに帰宅しなくていいから、公演前後の時間を思いっきり楽しめるよね。また来年も遠征したいなー!

 

…そして12/24現在。残す現場は12/26-28の嵐東京ドーム公演のみ。

 

とにかく2016年は、はやしくんのおかげでいろんな経験ができた1年だった。

大切なお友達とも巡り合えたし、自分の弱さと向き合ったり、努力は必ず報われるんだってことも、あきらめなければ道が拓けるってことも学んだ。

たくさん笑って、たくさん泣いて、そして、一生分の「幸せ」「大好き」を口にした気がする。

今ははやしくんをとりまく環境が変わった直後だから、まだ私自身も揺れたりぶれたりモヤモヤすることが多いけど、でもきっと、また羽ばたく姿がみられると信じて、これからもそっと風を送り続けたいな。雨降りの日には、てるてる坊主を作って、太陽がはやしくんを照らしますようにって願える人でありたいな。

 

2016年の林翔太くんに心からの感謝を。

そして今年1年、本当にお疲れ様でした。

来年もたくさんの笑顔に出会えますように。

2016年振り返り①

はやしくんを担当さんにすると決めた2016年。

ほんとうに…ほんとうに…いろんなことがあった、ありすぎた。

いいことも、悪いことも、うれしいことも、つらいことも。

でも、全部残しておきたくて。だって、トクベツな一年だから、今年は。

ってことで、個人的なことも含め、備忘録。

 

《1月》

1/3-4 滝翼新春コン@横アリ

去年から気になって仕方ないはやしくんが、They武道が、もしかしたらバックにつくかもしれないって申し込んだっけなぁ。その淡い期待は翼くんのブログであっさり打ち砕かれたけどw このときはとらじゃには1ミリも興味がなくって(笑)ほとんど見てなかった。2日目見学席にはやしくんを発見した時の胸のときめきよ!!白黒ボーダーにジーンズ、キャップ?あとマスクだったかな。とにかく爽やかでかわいい。リア恋ビジュ。公演中は微動だにせず客席をじぃーっとみている。へー、そういうキャラなんだぁ。えだりょはキャッキャはしゃいで楽しそう。 ほぼ見学席だけをみて終わったという。滝様、翼くん、ごめんなさい(;´・ω・)

1/19 滝沢歌舞伎2016製作発表

f:id:yuzukosho01417:20161223111400j:plain

f:id:yuzukosho01417:20161223111419j:plain

例年よりも早い発表。まさかの三宅健くんとタッグとは!そしてキャスト一覧見る。はいい?あれ???なぜ「林翔太」だけ?えだりょは?えだりょはどこーーー?!?!( ;∀;)ってパニックになって、正直喜べず。でもすのーまんいるし、こりゃ今回も倍率すごそう。とにかく申し込み頑張らないと!

《2月》

2/3 「滝沢歌舞伎10th」DVD発売

待ちわびた!待望のDVD発売。2015年はきたやまくんとすのーまんみるために頻繁に演舞場に通ったなぁ。担当はふじがやくんだったんだけど、やっぱり滝沢歌舞伎が好きで好きでしかたなくて…毎回頭が痛くなるほど泣いて。あの日々が映像化された喜び。しかし、残念なことに当時ははやしくんを全くみていなかったという、涙。えだりょは時々みてたのにな。わたしのバカバカー!とにかく映像からはやしくん探し出すのに血眼。うん、かわいい!かっこいい!ふぃーりんも、ピンク法被も、いつかも、弓の舞も、滝沢組曲も、せれねいも、しゃどーだんすも、それからシンガポールも、メイキングもー!!!もっとたくさんはやしくんみたいよ、本物に逢いたいよ( ;∀;)

2/8 はやしくん26歳のおたんじょうび

お誕生日おめでとう!!童顔のはやしくんも26歳かぁ。しみじみ。このころTwitterで少しずつThey担さんとつながり始めてたので、TLに流れてくるお祝いの画像やらコメントやら動画やら、いちいちかわいい、いちいちかっこいいって荒ぶった。この日だけアイコンをはやしくんにしてみたり♡元担さん卒業して、もう担当さんは決めないつもりだったんだけどなぁ。でもだめだった。どうしてもどうしても、はやしくんを応援したくて、この人のファンでありたいと思って、ちゃんと向き合うことにした。Jr.担怖いし大変って聞いてたから「絶対ならない!」って抗ってたけど、どうしても衝動を抑えきれなくて「林担宣言」してました。しかたない…「好き」に理屈はないよね。

2/18 「ジャニーズ銀座」They武道クリエ発表

f:id:yuzukosho01417:20161223110232j:plain

きたーーー!!!Jr.担の登竜門、クリエだよ!当たる気しないよ!今年も5公演か…とにかく全力で申し込みせねば。この日は初SHOCK観劇日だったんだけど、開演前に伝言板メールみて動揺して、舞台中に名義のこと考えて真顔になったりしてた。

2/26 滝沢歌舞伎当落発表

いやいや、この日はね、大我ちゃんの「スーベニア」だったのよ。しかし、いつも観劇日とこういうお知らせかぶるなぁ。なんなん?幕間には電話つながらず、終演後確認。結果、かなり厳しい。去年より厳しいよ???すのちゃんと現場かぶると、こゆときつらい。。。

《3月》

3/4 「ジャニーズ銀座」当落発表

やっぱりね。安定の落選(T_T) シアタークリエの壁は高い。へこんでいるところにおともだちから救済の手が!!もう、なんなんだ。わたし助けてもらってばっかり。感謝してもしきれない。ありがとうございます!!

3月中旬 滝沢歌舞伎ぴあ桟敷席発売

ひにち忘れちゃったけど、2015年んときより受付開始遅かった。そして知らなかった。キス担のおともだちが締め切り3時間前に教えてくれたの、ほんと女神。桟敷でいくつか希望日抑えることができた、感謝ー!!!!

3/17 松竹歌舞伎会ゴールド会員先行発売

3/19 松竹歌舞伎会一般会員先行発売

今年も鼻息あらく10時の鬼電スタンバイ。そして15分ぐらいであっさり繋がる!!マジか、去年は2時間かかったのに!!おかげで初日と千秋楽のチケットを確保することができた、涙。マダム本当にありがとうございますううううううううー!そしてこの日も夜はSHOCK観劇というね…笑。何かしらのお知らせやら当落と観劇がかぶるのは現場行き過ぎという噂。一般の方はなかなかつながらなくて結局ちょこっとだけ。去年以上に死闘だったぁ。

3/25 滝沢歌舞伎チケット発送

交換まで日にちがなーーい、って旅先でそわそわしてた記憶。どこまでもヲタクな自分が悲しくなった、笑。

《4月》

4/4-4/7 「ゴゴスマ」ちょっと気の早い明日の運勢ランキングコーナーに出演。

f:id:yuzukosho01417:20161224230128j:image

f:id:yuzukosho01417:20161224230137j:image

ラッキーアイテム:

4/4 果実酒→血行促進に効果的、飲みすぎに注意だよ!

4/5 枕→寂しい夜は抱いて寝るのもOK!

4/6 ベルト→ウエストと一緒に気持ちも引き締めよう!

4/7 ジグソーパズル→集中力アップして明日も頑張ろう!

なぜかちょっとイラっとする感じの表情がたまらない。うざかわいいはやしくん、すき。地上波バンザイ!そして「最近ハマっているのは、塩で体を清めること」ってやつでスタジオを凍らせたんだったね。これ、はやし歴で語られるエピになること間違いなしw

4/10 滝沢歌舞伎初日

f:id:yuzukosho01417:20161223115647j:imagef:id:yuzukosho01417:20161223115600j:image

おともだちと待ち合わせて演舞場に向かう道すがら、緊張しすぎて涙目だったし、半分記憶ないし、とにかく単独で滝沢歌舞伎に出演するはやしくんどんななんだろ?って。事前の雑誌をみるにつけ「役者 林翔太」として呼ばれたと。そしてゲネのレポみるにつけ、一人三役の演目が圧巻だと。こりゃお味噌な扱いじゃないな?って心臓がバクバクしたの思い出す。結果「春の踊り」「いにしえ」「Maybe」「四剣士」「お化け」「太鼓」「口上」「Seasons」「祭り」「蝶の舞」2幕の「鼠、江戸を疾る」の佐助役、「WITH LOVE」「Love」…ほぼ、でずっぱり。泣く…滝様、事務所様ほんとうにありがとうございます!!!この日の感動は今でも忘れないなぁ。今年一番印象に残っている1日。

《5月》

5/15 滝沢歌舞伎千秋楽

歌舞伎期間中のことはすでに記録しているので。

yuzukosho01417.hatenablog.com

悔いのない春だった。演舞場に全エネルギーを注いで、燃え尽きて灰になって。幸せしかなかった。途中しんどいことはあったけど、でも、明日人生終わっちゃってもいいやってくらい幸せだった。こんな幸福感いままで感じたことあったかなぁって。とにかく、どんどんと昇っていくはやしくんを日々感じることができて、林担として今年の歌舞伎をみることができてよかった。はやしくんを好きになれてよかった。

はやしくん以外にも、健くんのぶっきらぼうだけど愛情深いところや、滝様の後輩としてのかわいい顔とか、そのほかJr.くんたちのそれぞれの魅力だったり輝く姿だったり。そういうのたくさんみることができて、やっぱり滝沢歌舞伎はわたしにとって原点だなぁと再確認。また来年、うん、必ずくるからね!

5/24-26 「ジャニーズ銀座」H公演(全5回)

yuzukosho01417.hatenablog.com

クリエのこともすでにまとめ済み。初日はモヤって、2日目、3日目は楽しめた。はやしくんの歌うところ、踊るところたくさんみることができた。They武道は最高にかわいくてかっこよかった。尊かった。今思うと無理をしてでも行くことができてよかった。「クリエのThey武道公演はもう一生みることができないんだ」…そう思うと今は胸がぎゅううううって締め付けられる。前日は緊張して眠れなくて「ハグして」っていうりょうちゃん、いろいろとしゃべりすぎて怒られちゃうというりょうちゃんにむかって「それがやまもっちゃんのいいところでしょ?」っていうはやしくん。最年長のゆるふわな包容力で全体をまとめるえだちゃん。絶妙な3人だったね。They武道、ありがとう。だいすきだったよ。

5/26「鼠、江戸を疾る2」第7話『偽りの孔雀』秋友役

f:id:yuzukosho01417:20161223115732j:imagef:id:yuzukosho01417:20161223115753j:image

これまた前年末のお知らせにびっくりして、OAまでが長かった。死ぬ気でがんばりますって宣言して頑張ったはやしくんの演技…録画したけどもったいなくてなかなかみられなかったなぁ。これ撮ったの前年11月くらいだったっけ?今だったらもっと違うお芝居なのかもしれないね。反省点だらけだと連載でこぼすはやしくん。お仕事に対してのその姿勢、同じ社会人として尊敬してます。でこっぱち秋友さんとても優しい好青年だったなぁ。派手な役じゃないからこそ、表情で心の変化を表すの難しかっただろうなぁ。優しい声色と着物での美しい所作に惚れ直したよ。

《6月》

6/5Theyたく更新

歌舞伎、クリエを終えて、はじめてのはやしくんの更新ターム。たくさんの夢や希望がつまった6/5の連載は、はやしくんの未来が間違いなく明るく輝けるものになるはずだと確信させてくれるものだった。「こうしたい!!」と語る言葉ひとつひとつ、涙がでるほどうれしくて、何度も読み返してこの春の記憶を反芻して。本当にはやしくんの言葉は魔法みたいなチカラがあるね。

6/28 「アンダースタディ」発表

春の現場がひとしきり終わって、次は秋かな?ドリボかな?ってちょっと寂しくなっているときに飛び込んできた、初外部舞台出演のお知らせ。仕事中にTwitterで知って、震えて泣いた。こんなに早く、はやしくんの努力が報われる日がくるなんて、次に繋がる日がくるなんて…幸せすぎてどうしよう。

yuzukosho01417.hatenablog.com

チケットに関しては、楽観視する舞台班が大半だったように思うけど、劇場のキャパと公演数と、この春の林革命(笑)から推測するに厳しくなりそうな気がしてて。6/28発表で7/5しめきり。相変わらずの鬼畜ぶりだけど、ここはオトナの本気をみせるよ?!

6/29 「DREAM BOYS」発表

前日のはやしくん舞台出演からThey担界隈がざわつき始める。いや、正確には滝沢歌舞伎にはやしくんが単独出演してから、えだりょ担さんたちとのなんともいえない温度差が居心地悪く。もちろん、はやしくんの活躍を純粋に喜んでくれる方もいる。でも、この時点でえだりょは秋以降のお仕事が決まっていない。なんならクリエ以外現場がない(嵐アリーナ除く)そして昨年出演したドリボのキャストをみるにつけ、えだりょが出る可能性が極めて低そう、とも。自担の現場決定を手放しで喜べない雰囲気がつらかった。えだりょが滝沢歌舞伎に見学にこなかったことがつらかった。どういう事情かわからなかったけど、ただその事実が重くのしかかった。

 

とりあえず上半期ボリューミー。下半期はまた追って書こうっと。

 

 

 

 

あゆはぴを経て。

11月 札幌3days、東京2days

12月 名古屋2days

札幌しか当選していなかったのに、素敵なご縁にも恵まれて、女神様からの救済もあって、こんなにたくさんみにいくことができた今回のツアー「Are you Happy?」いろんな方に感謝カンゲキ雨嵐。

札幌初日はあまりの名前のダサさと、They武道がなくなってしまった事実が衝撃すぎて、途中から記憶がないです、笑。

札幌3日目、MCで宇宙Sixが登場し、グループ&自己紹介を!はやしくんが!しゃべった!ドームで!!っていう驚きと、きちんとグループとして認められた…という嬉しさと、りょーちゃんの楽しそうな様子に救われたっけ。はやしくんはともかく、このグループは大丈夫そうっていう安心感を覚えたりもして。みんな、それなりに喋れるしキャラが確立してて、うん。いい感じ。

東京公演では特別変わった様子はないけど、立ち位置とか動線がちょっと変更になってた。はやしくんの表情が時々固く見えてしまったのは気のせいかな?

それと相反して、ぎこちないめぐたんは少しずつ笑顔が増えてホッとした。お兄さんたちに可愛がってもらえてるかな?はらちゃんいるから大丈夫かな( *´艸`)

なんとなくはやしくんが、りょーちゃんと距離を置いてるように見えてしまった、隣にいるのに結界張ってるというか、なんかピリッとした空気感。これもわたしの勝手な推測かもしれない。

そして、1ヶ月ほど空いた名古屋。 はやしくん髪型少し変わってた。襟足短くて、でも全体的にもっさりしてるw キノコみたいな?茶髪パーマとかにしてほしいのになぁ…ずっと黒髪よね?今年。で、パフォーマンス。東京よりリラックスしてニコニコしてて、ファンサもたくさんして、楽しそうに見えた。でも時々心配になる顔するんだよなぁ…真顔というかなんというか…胸がギューってなる顔。あと、りょーちゃんの様子がなんか変。体調悪いのかな?いつもみたいにしゃかりきに踊ってなくて、どっかをかばっている感じではないんだけど、時々ツラそうな顔してた。そして、横目で何度もりょーちゃん確認するはやしくん。何があったんだろ?

そして相変わらず最後のユニット紹介の「うちゅーしーっくす」の一連のポーズ。はやしくん、だんだん雑になってるw おいおい、ちゃんとやろうぜ?みんなで決めたんだろ?投げチューなんて減るもんじゃないし…とか思ってはやしくんに説教したい気持ちになるあの瞬間(・∀・) ほんと、そーゆー変な頑固さ、わたしにはわかんないw

 

でもね、この1ヶ月でわたしだいぶ強くなったよ。札幌初日はほんとにツラすぎて消えていなくなりたいって思って、逃げてしまおうかとも思ったけど、こーやってはやしくんがうまくグループと向き合えてない(ように見える、いや、実際、12/5のTheyたくなひとときは明らかに逃げてたw)のもまぁ、仕方なくて、いつかまた楽しくお仕事できる波がやってくるよねー、きっと。って。結局、自担に甘いわたし。

雨の日も曇りの日も晴れの日もあるよね、人生。そんなもんそんなもん。今はすっきりしないお天気だけど、そのうち太陽の光がさして「いい気持ちー!たのしー!幸せー!」って、心にまとったコートを脱いで、軽やかに羽ばたくはやしくんがみれると信じてるんだ。根拠のない確信(・∀・)←得意なやつ

はやしくんに対して、短期的スパンで一喜一憂せず、どっしり構えて、なんでも受け入れるよー、よーしこい!!みたいに思えるようになれたこと、自分的にはかなり大きな成長かもだな。はやしくん、ありがとうね!(謎の感謝)

さてさて、2016年も残りあと10日、次はどの現場で逢えるかな?次のお仕事のお知らせはいつかな?

今はそれを楽しみに、自分にできることを少しずつやっていこう!がんばるよー!

 

君への想い

前回、自担からの決別みたいなめんどくさいブログ書きっぱなしだった件w

 

なぜあんなことを書いたかというと…

 

They武道メンバー増員の噂

もしかしたらはやしくんは新ユニットを受け入れてないかもしれない。なんなら個人のお仕事の楽しさを今年覚えてしまい、ユニによって今後の個人仕事が減ることでモチベーション落ちてるかもしれない。なんなら、ずっと現場が別々だったえだりょとの溝が深まってるかもしれない。

はやしくんがやさぐれて、嵐コンでいつもみたいに踊ったり笑ったりしないかもしれない。

 

こんな思考を巡らせてしまったからなんだけども。

 

元担さんは心の揺れとかその時のモチベーションのがものすごくパフォーマンスに出る人で…良くも悪くもすごく素直な人なんだけどね。でも、そうやって本業に影響出ちゃう彼をみてるのがイヤで離れた訳です。はやしくんに完落ちする前に。

 

だから、もしはやしくんも元担とおんなじだったらどーしよーとかめちゃくちゃ怖くて…応援したいのにみてるのしんどくなったらどーしよーってネガりまくってた。

 

で、札幌初日ね。これは個人的な感想だけど、なんか表情かたいなーって思った。いつものキラッキラの笑顔が少なかったし、なんかカラダ重そう?とか。でもそれって新ユニットがどうこうじゃなくて、わたしの不安を勝手にはやしくんに投影してただけかもしれないし、はたまた初日の緊張感からかもしれない。

でも名前のダサさにただただ衝撃で、受け入れられなかった、わたし。

でもね、あれから3週間…宇宙Sixに少しずつ慣れてきた。わたしもちゃんと向き合わなくちゃって思ったよ。どうなるのか分からないけど。

 

とにかく真相は分からない。はやしくんが宇宙Sixのことをどう考えてるのか、これからどうなっていきたいのか…はやしくんの言葉で聞けてないからなんとも言えないけど。

 

グループが自担くんにとって居心地のいい場所、帰るべき場所になっていくといいなーって。時間かかるかもしれないけど、そう祈るのみ。

 

で、肝心の不安。

うん、やっぱりわたしは舞台で踊って輝いてるはやしくんが好き。まだまだずっとこの先も、はやしくんの視線の先にある景色や夢見てる未来をみていたい。目を離したくない。そっと風を送り続けたい。

 

揺れたっていい、ぶれたっていい。

強い心をもって応援できるように成長したいと思った。

 

やっぱり、はやしくんが大好きです。

ファンになることができて本当に幸せ。

心からありがとう。

 

ファンである資格

林くんを全力で応援するぞと心に誓ってから9か月。

「もう9か月」なのか「まだ9か月」なのかよくわかんないけど、自分にとってこれほど本気で肉親じゃない誰かを応援したいと思うことはなくて。…いや、応援って言葉もおこがましいな…ひとりの人間の成長を見守りたいと思えることはなかったなぁと…期間は短いけれど自分にとってこんなに濃密で充実した時間はなかったと迷いなくいえる9か月であることは確かで。

 

それが今、大きく揺らいでいる。

 

きっかけは、They武道になにかが起こるのではという風の噂。そう、噂なんだよね。自分で見たわけでも聞いたわけでもなくて…ただJr.という儚く脆い世界を生きる人たちを応援するファンにとってはきっと必ず一度は訪れるであろう試練(といったら大げさだけど)に初めて直面している気がする。

 

林くんを応援し始めてから、林くんを取り巻く環境は大きく変わっている。M.A.Dとか四人のThey武道時代から応援している人からみたら、想像がつかないくらいにはやしくんは煌めいていて、ド新規のわたしでもわかるほどの目まぐるしい躍進で。林担が過去を振り返った時、きっといつまでも語り継がれるであろう2016年をファンとして見守れたことの幸せ。一方でつらい時代を知らずオイシイところだけをかいつまんでワーキャーしているだけの自分は単なるミーハーなのではないかと。

 

滝沢歌舞伎、鼠江戸を疾る、アンダースタディ、そして劇ラヂ。自分の力でどんどんとチャンスを掴んで昇っていく林くん。でももしかしたら未来が明るいとわかっていて、わたしは林担になると決めたズルい人間なのかな。誰だって、不安定で先の見えない人を応援するのはつらい。だから林くんという将来性のある人を好きになったのかな。

 

林くんを取り巻く環境が変わることで、この2016年の流れが止まってしまったとしたら、わたしは今まで通り全力で応援できるんだろうか。そんな人間がファンでいる資格があるんだろうか。こんなことをこの数週間考えている。

 

周りの人やファンのひとたちの幸せや笑顔のためにひたむきに努力している自担に対して、見返りを求めずただひたすらに応援できることができなくなったら、と思うと怖くて怖くて仕方ない。

 

去年、ナゴヤドームで元担さんをみたときのような気持ちで、札幌ドームの林くんをみることがありませんように。

 

 

 

 

 

 

アンダースタディという夢。

衝撃の舞台発表が6.28、

歓喜の追加公演決定&当落発表が7.28、

チケット発送が8.18だったかな。

 

林くんが外部舞台に出る!って知って、職場でひとり震えて友達にLINEしてうれしさが込み上げて耐えきれずトイレで涙ちょろりしたあの日から、気づけばあっという間に初日だったなぁ。

 

9.1、博品館劇場のあまりの狭さと舞台客席の近さにおののき、こんなところで林くんみたら死んじゃうんじゃ?!という恐怖さえ感じたっけ。

 

ど緊張の中、幕が上がり舞台で演じ踊り歌う林くんは、私の知ってる林翔太くんではなかった。みたことのない俳優さんみたいだった。

 

KYでおバカで素直で明るくて単純でプレッシャーに弱くて、だけどお芝居が好きでやるなら完璧にやり遂げたいという熱い一面と、公演前にミライちゃんをデートに誘う肉食男子という意外な一面をもってて。トイレが近くて、パキッ、いってー!の一発芸がお気に入りで、サグロチューハイが好きで、お昼にワッフル食べちゃうくらい甘党で、ユニコーンの着ぐるみを着用してカピバラさんと添い寝してて、「ありがとう」「ごめんね」「なんか元気出た」って恥ずかしがらずに言えて、成人してるのにスカンクフードのついたちっちゃいリュックしょってる甲高い声の、ダイキとコータのことが大好きなシュンちゃんだった。

 

全部全部かわいかった。抱きしめたいくらいにかわいくて愛おしくて、そのままガラスケースに閉じ込めてシュンちゃんを飼育したいと本気で考えてたっけなぁ。

 

はじまればあっという間だと覚悟していたよ。

9/1〜9/11の10日間、15公演。

 

うん、やっぱりあっという間だった。でも、全く悔いはない。むしろ清々しい。本当に濃密で充実していて幸せな10日間だったから。

 

チケット取りだって必死に頑張った。これ以上ムリだってくらい、家庭と仕事をやりくりして、博品館に通ったもんなぁ。

 

お友達と飲む開演前のお茶も、終演後の美味しいお酒もいい思い出。

 

きっとずっとこの秋は忘れないと思う…例え、細部の記憶は風化しても。

 

シュンという役に、アンダースタディという作品に、26歳の夏すべてかけた林くん。なんて尊いんだろう。

 

こんな素敵な景色をみせてくれて本当にありがとう。ベランダから大声でありがとうーーー!!!!って叫びたい。

 

千秋楽のカテコで少し緊張した声で挨拶する林くん。見ることが叶わなかったファンがいることもわかってて、そんな人達にも言葉を向けてくれる林くんの優しさと、手応えと次への前向きな課題を感じた表情に、ただただ涙。9.11、カテコの拍手にありったけの「ありがとう、お疲れ様」のキモチを込めて届けることができてよかった。

 

千秋楽を終えて、少し経って思うこと。

 

「やっぱり林くんを好きになってよかった」

 

そう、いつもこの着地点。だって林くんは努力の人だから。頑張って積み重ねて掴み取る人だから。

 

見てくれる人は必ずいる。
努力はいつか報われる。評価される。
前に進むことを、上を目指すことをやめなければチャンスはきっとやってくる。

 

自分の力で掴み取って、どんどんと高いところに登っていくキミを応援することができて、本当に「幸せ」という言葉以外に見当たらない。

 

林くん、お疲れ様でした。

素敵な夢をみせてもらったよ。

またここから次に繋がっていくと信じて…

これからもそっと応援させてください。

 

いつもいつも、ありがとう。

林くん、好き好き、だーい好き!!