読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージはいつでも雨のち晴れ

高く翔び立つキミに風を送りたい

春が尊すぎて。

滝沢歌舞伎2016のDVDが9.14に発売された。

それはアンダースタディ千秋楽から3日後のこと。

 

お友達から届いた「ねぇねぇ、みたー?林くんバッチリ映ってるね!!!」っていうやや興奮気味のLINEに、なんて返事をしたらいいのか少し考えて、こんな風に返した。

 

「見るの怖くてまだ見てないの…」

 

すると爆笑スタンプとともに「ちょっと!なんで怖いのよー?せっかく林くんが頑張った証が映像化されたんだから早く見てあげないと!」と返信が来た。

 

うん、そりゃそーだ。おっしゃる通り。

 

博品館での夢のような10日間が終わり、自分が現実の世界にいるのかアンダースタディの世界にいるのかすらわからない、脳内フワフワの状態。

 

もしかしたらあの3人はどこかで今も俳優目指して切磋琢磨しつつお芝居の稽古を頑張ってるのかもしれない…そんな妄想をして涙ぐんでみたかと思うと、いやいや!あれはフィクションのお話でシュンなんてのはこの世には存在しない妖精なんだ、とっくに魔法は解けてるんだよっていう妙に冷静な自分もいたり。

 

まぁ、とにかく未だアンダースタディの余韻から抜けられない状態での歌舞伎DVD発売だったわけです。

 

今年の滝沢歌舞伎については今までも散々語ってきたけれど、自分史上最高に思い入れが強くアツい現場だったからこそ、それを回顧することはかなりのエネルギーを要する行為。演舞場で踊り演じる林くんに無性に逢いたくなったり、もう二度と帰ってこない春を思って切なくなるし、拗らせるかもしれない。

 

だからこそ、なかなか見ることができない。たかがDVDごときで、こんなにエモく面倒くさくなるなんて自分でもびっくりだよ。そして、みるのが怖いんじゃないんだ。もったいないんだ。あまりに尊すぎて。

 

林くんがみせてくれた景色はどれも大切な宝物。だから、ゆっくりとその余韻に浸って回顧していきたいなぁって最近は思うのです。

 

さぁ、今週末はいよいよ歌舞伎のDVDを開封予定。

 

いざ、演舞場!

 

 

2016.6.28 林くん「アンダースタディー」出演決定!

6/28の昼下がり。

仕事の合間にTwitterを開いたとき、衝撃の第一報が飛び込んできた。

 

高田翔・林翔太・仲田拡輝 出演決定!!

アンダースタディー

SPECIAL ENTERTAINMENT PLAY

9/1-11@銀座博品館劇場

 

は!?!?!?!?!?!?!?!?

ちょっと待て!?!?!?!?!?!?

 

動悸、冷や汗、乱れる呼吸。

何が起きた???????ねぇ、いったい何が?

 

慌てて新ジュニア情報局(仮)にログイン。

内容確認…どうやら本当らしい。

 

しばし呆然とした後、急にぐわぁぁぁぁぁ~~~と何ともいえない感情がこみ上げる。

…どうしよう!!!

 

林くん、外部舞台決定した…!

 

この春、滝沢歌舞伎で進化を遂げた林くん。

前回、6月5日のTheyたく更新でお芝居のことを語っていた林くん。

 

こんな時がいつかくるって…いつか来たらいいなって思ってた。

友とも語ってた。「林くん個人のお仕事くるよね、きっと」って。

 

それが、まさかこんな早くに現実になるなんて、涙。

心の準備ができていなかったよ。びっくりしたよ。

ただただ純粋にうれしかった。泣けた。震えた。

 

林くん舞台出演決定おめでとう!!!!!!!!!!(涙)

 

去年の歌舞伎でNHKプロデューサーさんの目に留まって(2015春)

林くんありきで脚本が決まって(2015夏?)

ひそかに鼠の撮影が行われていて(2015秋)

嵐の東京ドームコンサートの後、滝様に呼ばれて2016歌舞伎出るぞと告げられ(2015年末)

まさかまさかのThey武道から単独出演が発表され(2016年初)

新橋演舞場でど肝を抜く圧巻の演技と存在感を見せつけ(2016春)

ついには初外部舞台「アンダースタディ」の出演決定(2016夏)

 

…ねえ、こんなことある?

こんなわかりやすい成功事例みたいな軌跡をたどるJr.っている???

 

これまで林くんが積み上げてきた経験が、ひとつひとつのお仕事が、林くんの未来につながってく。

 

こんなに応援のしがいのある人、わたし出逢ったことないよ(涙)!

とにかく担当冥利に尽きる…林くんを好きになって本当によかった!!

いつも幸せをありがとう!!!

 

なりふり構わず、大人げなく(いや、逆に大人だから)申し込みしたからね!

諭吉さん、青い封筒になって帰っておいでね!

 

どうかどうか、舞台が成功しますように。

林くんが更なる飛躍を遂げますように。

 

今年の9月は熱くなりそう!!!

それまで頑張って生きていく!!

2016.6.20「少年たち」発表!

ドリボの発表そろそろだよね~?なんて思ってたら。

先にきちゃいましたね「少年たち」のお知らせが。

今年は最初から、SnowMan&SixTonesのキャスト発表!

おおお!

 

去年はドリボの制作発表でみやっちが

「(打ち合わせで)俺よりすのーまんの名前のがたくさん出てて…」

なんて言ったもんで、てっきりドリボにすのちゃんがつくと思いきや!

直前で「少年たち」すの追加キャスト発表!という騒動がありましたなぁ。

去年はすのを頑張って追うつもりでいたので、ドリボに全力を注いだのち、慌てて少年たちに駆け込みで振り込むという、ほんとあわただしい夏でした。

すのちゃんも自分たちが出ることを、ファンと同じタイミングで知ったというね。鬼畜。。。

 

今年も日生に1度は観に行きたいなぁ。

日生劇場も好きだし、少年たちも好きだし。劇中歌もやっぱり好き。

「闇を突き抜けて」とかね。2幕のSHOWTIMEも楽しかったし。

すのちゃん「ZIGZAG LOVE」はちまきの衝撃を思い出した、笑。

すとちゃんのオリ曲「この星のHIKARI」「BE CRAZY」も好きだ~。

 

出番の多さとしては、ジェシー・大我がメイン、その次に関ジュの看守くん3人(室くん、西畑くん、向井くん)、んで、ひーくん…だったかな。

なべちゃんは、出番も少ないし、あのキャラも生かされてなくて、物足りなかった印象。

 

さてー。本命Theyちゃんたちの秋の現場はどこかな?

ドリボ今週中かな?

 

ヒメアノ〜ル、みてきました

林くんがTheyたくで熱く語っていたのでみてきました!

f:id:yuzukosho01417:20160606192857j:image

いや。ちょっとこれ、ふらっとみにいっちゃいけない作品だった。
いろんな描写がすごすぎて、剛くんがすごすぎて…ちょっとわたしには受け止めきれない作品でした>_<
シンドイ…色々と。
咀嚼したら具合悪くなるから、そっと蓋をして頭のどこかにしまっておきます。

林くんこんなんみたのか!
いや、こんな役とかやらないでね、やることないと思うけど…
これみた剛担大丈夫なんだろか…
わたしなら無理だな>_<


応援するということ。

応援するってなんだろう。
 
ここんところ、ずっと考えています。
そもそも《応援する》という感覚がない人もいるのかも知れないけど、わたしは少なくともアイドルを《応援》しているつもり。
じゃあ、その《応援》ってどういうことなのかな?
 
*大辞林より
《応援》とは
1.他人の手助けをすること。
2.(競技・試合などで)歌を歌ったり声をかけたりして味方のチーム・選手を元気づけること。
 
1.手助けかぁ・・・これはCD・DVD売り上げ、テレビの視聴率・映画の動員数・雑誌の売り上げ・FC会員数・コンサートチケット・舞台チケット・グッズ収入・ジャニショ公式写真売り上げ、ステフォ売り上げ・・・こんなところかな。主に数字によるところなのかな。
林くん含め、Jr.に関しては数字で貢献するのは限界があるけれど、わたしは可能な範囲で貢献できているのかなぁ。よくわからない。
この春でいえば、歌舞伎チケット・ステフォ購入、ジャニショ公式写真購入、雑誌購入、ジャニーズ銀座チケット・クリアファイル購入、当日券列、鼠江戸を疾る2視聴(再放送)・・・
 
2.相手を元気付ける
これすごく難しい。簡単なようで難しい。林くんはどうしたら元気づけられるんだろう。ファミクラに送られてくるファンレターの数?SNS上での賞賛の声?舞台での拍手?クリエでの声援?ファンの楽しそうな笑顔?
今回のTheyたくで林くんは《ファンのみんなの笑顔》という言葉をたびたびあげてくれていました。その言葉を素直に受け止めるなら、わたしたちが楽しそうにしているのが原動力になっているのかな?
 

アイドルって不特定多数に向けていろんなものを発信するお仕事で。歌・踊り・笑い・演技・紙媒体での言葉・作品etc…
「自分がやりたいこと」「ファンが望んでいること」「事務所から要求されていること」にうまく折り合いをつけて何かを伝えてくれている。
わたしはそれを受け取ることで元気になったり、励まされたり、幸せになったり、どきどきしたり、癒されたり。
《応援》に対して、そういう目に見えない《ご褒美》があるからファンでいるんだけども。
 
じゃあ、その《ご褒美》が意にそぐわないものだとしたら?
自分が求める《ご褒美》が返ってくるよう、相手に変わってほしいと要求するのかな?
・・・たぶん、それって《応援》じゃないよね?
 
わたしは人間関係には見返りは求めていません。
自分が「そうしたい」から「する」っていうのがほとんどで。
(とか言っているけど、大好きなお友達から冷たくされたらさすがにへこむけど、笑)
自分以外のヒトは、すべて別人格だからコントロールするつもりもないし、できるとも思っていない。
血の繋がった家族だってそうだから。
ましてやアイドル・林くんをコントロールすることなんてできるはずはありません。
 
だから、林くんを《応援》するというのは「ああしてくれ、こうしてくれ」と要求することじゃなくて
林くん自身が伝えてくれるものを受け入れて、共感して、それに対して声援や売り上げで応えることなのかな。
それによってたくさんの目に見えない《ご褒美》を貰っているわけだから。
わたしにとっての何よりの《ご褒美》は林くんの幸せそうな充実感に満ちた顔をみること。これ以上のものはありません。
 
もし、その《ご褒美》が意にそぐわないものになったとしたら。
それは林くんを離れるときだと思っています。
 
自分なりに上手に林くんを《応援》できるかな?できているといいな。
 
 
 

I want。

歌舞伎を終え、クリエを終え。 
林くんのTheyたくなひとときの更新日。
楽しみでもあり怖くもありました。
林くんは何を語るのだろうと。
恐る恐る、12時過ぎにwebを開き…読んでみました。

そこに綴られた言葉の数々。
嬉しかった>_< 
心の底から…泣けるほど嬉しかった!!
それは「林くん自身がどうなりたいか」が力強く語られていたから。

新規のわたしが言うのもアレだけど、記憶する限り、林くんがここまで具体的にはっきりと自分の目標や願望を語ることってなかったんじゃないかなぁ。

記憶しているのは今年の「Jr.データブック」にあった「ミュージカルに出ること」だったんですが。それはどこか絵空事というか…唐突で…「なぜ??」という感じがありました。でもそれって、お化けの演目がすでに決まっててのことだったのかなぁって。後から考えるとそんな風にも思えます。

今回林くんが伝えてくれた言葉
*滝沢歌舞伎、大好き!また出たい!
*(ダンスク初表紙)また表紙を目指します!
*(鼠OAみて)しっかり改善して次に活かします!
*滝沢くんみたいな"漢"になりたいなぁ
*またドラマに出たいな!
*魂で、命で演じられる俳優さんになりたいなぁ!!!
*家族のため、まわりの人たちのため、応援してくれるファンの人たちのため。そのためにも生きていきたいなって思いました。

もちろん、一部漠然とした表現も含まれているけれども…なんだかこう、今までにない強い意志と手応えを掴んで次のステージに向かっていく決意を感じられて。

今回のTheyたくにはたくさんの"I want〜"がありました。
もしかしたら有言実行!ってあえて自分にとってハードルの高い目標を語っているのかもしれないけれど。
うん、言霊は大切。

林くんが伝えてくれた言葉を大切にしていこう。
わたしも頑張ろう。

"I want be true myself"






導く人。伴走する人。

わたしが林担になるのに大きな影響を与えた人が2人います。

1人は林くんを応援して数年のセンパイ。仕事にもヲタクゴトにもいつも全力でポジティブで聡明で論理的で頭の回転が速くて、いわゆる「できるオンナ」です。カウコンあたりに友人を介して知り合いました。とても気さくで明るくて笑顔が素敵な女性です。謎だらけの林くんについて、彼女は雑誌やDVDを使って、惜しげなく丁寧に教えてくれました。初対面のわたしを自宅に招いて手料理を振舞ってくれ、資料まで用意してくれました。そして、Jr.担になるのが怖い、露出がなくて病んでしまうのが怖いと怯えるわたしの背中を力強く押してくれました。「大丈夫!林くんは素晴らしいよ!They武道はいなくならない、強いから!」って。地図を持たずに暗い森を彷徨う私を導いてくれました。彼女の言葉は強くて、経験に裏打ちされた自信に溢れていて、キラキラと眩しいものでした。だけど、そんな彼女が林くんから卒業してしまいました。彼女の気持ちが林くんから離れつつあるのは知り合った直後からなんとなく気づいていました。強く背中を押して導いてくれる彼女を失うことが始めはすごく怖かった。「また迷子になったらどうしよう」って。でも、彼女が林くんを卒業すると知ったとき、不思議と全く不安はありませんでした。歌舞伎とクリエを経て…ステージで輝く林くんから「こっちだよ、ついてきて」っていうメッセージを…森の中を進むための羅針盤をもらえた気がするのです。例えこの先不安になったとしても、その羅針盤に従って進めばきっと未来は明るいとそう確信させるものを林くんは見せてくれました。卒業してしまった彼女は、わたしとは林くんに対する応援スタンスも気持ちも全く違うけれど、彼女と知り合うことがなかったら、歩み出す勇気をずっと持てなかったかもしれない。だから今は心から「ありがとう」を伝えたいです。いつもいつも全力で支えてくれてアドバイスしてくれてありがとう。あなたの言葉はわたしの糧になりました。お疲れ様、少しゆっくりしてね。

そしてもう1人の存在。彼女とは去年のドリボの時に知り合いました。千賀くんがカテコで林くんの名前を間違えた日があり、そのことに対して林担の方たちがすごく荒ぶっていたんです。正直とても怖かった。ふざけて間違えたのではなく、千賀くんのおっちょこちょいが出ちゃっただけなのでは?とレポを読んで感じていたけど…林担さん達の怒りは治まらず。すると彼女はとても冷静に「間違えた後、悪かったっていう感じは伝わってきたけどなぁ」と教えてくれました。すごくホッとして涙が出ました。彼女の言葉はいつだって愛があってバランス感覚が絶妙で。真っ直ぐだけどユーモアの効いたモノゴトの捉え方に共感を覚えました。そして、いよいよ林くんに堕ちる崖っ淵のところで、抗い踏ん張るわたしに、彼女はこんな言葉をかけてくれました。「いくらでも一緒に悩むよ。応援していこうね」と。手を繋いでくれる伴走者になってくれたのです。その手はすごくあったかくて優しくて、不思議と不安はなくなっていました。迷ってもいいや、1人じゃないからって。共に森の中を進むかけがえのない友に出逢うことができました。この春を駆け抜けてくれた彼女に、心からの「ありがとう」を。

ジャニーズを好きになり、普通に生活していたら知り合うはずのない人と交わり、繋がることができました。わたしにとってアイドルと同じくらい、一緒に応援して共感して泣いて笑える友の存在は大きい。林くんを好きにならなければ二人とは知り合うことはきっとなかったはず。導いてくれて、伴走してくれて本当に本当に感謝のキモチでいっぱいです。

林くん…たくさんの素敵なご縁を繋いでくれてありがとう。森の中を迷ったり後戻りしたり暴走することもあるかもしれないけど、林くんの思い描く未来を友と見守っていくからね。だから、思いっきり高く遠く羽ばたいてね。頑張って応援していくからね。