イメージはいつでも雨のち晴れ

高く翔び立つキミに風を送りたい

ファンである資格

林くんを全力で応援するぞと心に誓ってから9か月。

「もう9か月」なのか「まだ9か月」なのかよくわかんないけど、自分にとってこれほど本気で肉親じゃない誰かを応援したいと思うことはなくて。…いや、応援って言葉もおこがましいな…ひとりの人間の成長を見守りたいと思えることはなかったなぁと…期間は短いけれど自分にとってこんなに濃密で充実した時間はなかったと迷いなくいえる9か月であることは確かで。

 

それが今、大きく揺らいでいる。

 

きっかけは、They武道になにかが起こるのではという風の噂。そう、噂なんだよね。自分で見たわけでも聞いたわけでもなくて…ただJr.という儚く脆い世界を生きる人たちを応援するファンにとってはきっと必ず一度は訪れるであろう試練(といったら大げさだけど)に初めて直面している気がする。

 

林くんを応援し始めてから、林くんを取り巻く環境は大きく変わっている。M.A.Dとか四人のThey武道時代から応援している人からみたら、想像がつかないくらいにはやしくんは煌めいていて、ド新規のわたしでもわかるほどの目まぐるしい躍進で。林担が過去を振り返った時、きっといつまでも語り継がれるであろう2016年をファンとして見守れたことの幸せ。一方でつらい時代を知らずオイシイところだけをかいつまんでワーキャーしているだけの自分は単なるミーハーなのではないかと。

 

滝沢歌舞伎、鼠江戸を疾る、アンダースタディ、そして劇ラヂ。自分の力でどんどんとチャンスを掴んで昇っていく林くん。でももしかしたら未来が明るいとわかっていて、わたしは林担になると決めたズルい人間なのかな。誰だって、不安定で先の見えない人を応援するのはつらい。だから林くんという将来性のある人を好きになったのかな。

 

林くんを取り巻く環境が変わることで、この2016年の流れが止まってしまったとしたら、わたしは今まで通り全力で応援できるんだろうか。そんな人間がファンでいる資格があるんだろうか。こんなことをこの数週間考えている。

 

周りの人やファンのひとたちの幸せや笑顔のためにひたむきに努力している自担に対して、見返りを求めずただひたすらに応援できることができなくなったら、と思うと怖くて怖くて仕方ない。

 

去年、ナゴヤドームで元担さんをみたときのような気持ちで、札幌ドームの林くんをみることがありませんように。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

アンダースタディという夢。

衝撃の舞台発表が6.28、

歓喜の追加公演決定&当落発表が7.28、

チケット発送が8.18だったかな。

 

林くんが外部舞台に出る!って知って、職場でひとり震えて友達にLINEしてうれしさが込み上げて耐えきれずトイレで涙ちょろりしたあの日から、気づけばあっという間に初日だったなぁ。

 

9.1、博品館劇場のあまりの狭さと舞台客席の近さにおののき、こんなところで林くんみたら死んじゃうんじゃ?!という恐怖さえ感じたっけ。

 

ど緊張の中、幕が上がり舞台で演じ踊り歌う林くんは、私の知ってる林翔太くんではなかった。みたことのない俳優さんみたいだった。

 

KYでおバカで素直で明るくて単純でプレッシャーに弱くて、だけどお芝居が好きでやるなら完璧にやり遂げたいという熱い一面と、公演前にミライちゃんをデートに誘う肉食男子という意外な一面をもってて。トイレが近くて、パキッ、いってー!の一発芸がお気に入りで、サグロチューハイが好きで、お昼にワッフル食べちゃうくらい甘党で、ユニコーンの着ぐるみを着用してカピバラさんと添い寝してて、「ありがとう」「ごめんね」「なんか元気出た」って恥ずかしがらずに言えて、成人してるのにスカンクフードのついたちっちゃいリュックしょってる甲高い声の、ダイキとコータのことが大好きなシュンちゃんだった。

 

全部全部かわいかった。抱きしめたいくらいにかわいくて愛おしくて、そのままガラスケースに閉じ込めてシュンちゃんを飼育したいと本気で考えてたっけなぁ。

 

はじまればあっという間だと覚悟していたよ。

9/1〜9/11の10日間、15公演。

 

うん、やっぱりあっという間だった。でも、全く悔いはない。むしろ清々しい。本当に濃密で充実していて幸せな10日間だったから。

 

チケット取りだって必死に頑張った。これ以上ムリだってくらい、家庭と仕事をやりくりして、博品館に通ったもんなぁ。

 

お友達と飲む開演前のお茶も、終演後の美味しいお酒もいい思い出。

 

きっとずっとこの秋は忘れないと思う…例え、細部の記憶は風化しても。

 

シュンという役に、アンダースタディという作品に、26歳の夏すべてかけた林くん。なんて尊いんだろう。

 

こんな素敵な景色をみせてくれて本当にありがとう。ベランダから大声でありがとうーーー!!!!って叫びたい。

 

千秋楽のカテコで少し緊張した声で挨拶する林くん。見ることが叶わなかったファンがいることもわかってて、そんな人達にも言葉を向けてくれる林くんの優しさと、手応えと次への前向きな課題を感じた表情に、ただただ涙。9.11、カテコの拍手にありったけの「ありがとう、お疲れ様」のキモチを込めて届けることができてよかった。

 

千秋楽を終えて、少し経って思うこと。

 

「やっぱり林くんを好きになってよかった」

 

そう、いつもこの着地点。だって林くんは努力の人だから。頑張って積み重ねて掴み取る人だから。

 

見てくれる人は必ずいる。
努力はいつか報われる。評価される。
前に進むことを、上を目指すことをやめなければチャンスはきっとやってくる。

 

自分の力で掴み取って、どんどんと高いところに登っていくキミを応援することができて、本当に「幸せ」という言葉以外に見当たらない。

 

林くん、お疲れ様でした。

素敵な夢をみせてもらったよ。

またここから次に繋がっていくと信じて…

これからもそっと応援させてください。

 

いつもいつも、ありがとう。

林くん、好き好き、だーい好き!!

 

 

春が尊すぎて。

滝沢歌舞伎2016のDVDが9.14に発売された。

それはアンダースタディ千秋楽から3日後のこと。

 

お友達から届いた「ねぇねぇ、みたー?林くんバッチリ映ってるね!!!」っていうやや興奮気味のLINEに、なんて返事をしたらいいのか少し考えて、こんな風に返した。

 

「見るの怖くてまだ見てないの…」

 

すると爆笑スタンプとともに「ちょっと!なんで怖いのよー?せっかく林くんが頑張った証が映像化されたんだから早く見てあげないと!」と返信が来た。

 

うん、そりゃそーだ。おっしゃる通り。

 

博品館での夢のような10日間が終わり、自分が現実の世界にいるのかアンダースタディの世界にいるのかすらわからない、脳内フワフワの状態。

 

もしかしたらあの3人はどこかで今も俳優目指して切磋琢磨しつつお芝居の稽古を頑張ってるのかもしれない…そんな妄想をして涙ぐんでみたかと思うと、いやいや!あれはフィクションのお話でシュンなんてのはこの世には存在しない妖精なんだ、とっくに魔法は解けてるんだよっていう妙に冷静な自分もいたり。

 

まぁ、とにかく未だアンダースタディの余韻から抜けられない状態での歌舞伎DVD発売だったわけです。

 

今年の滝沢歌舞伎については今までも散々語ってきたけれど、自分史上最高に思い入れが強くアツい現場だったからこそ、それを回顧することはかなりのエネルギーを要する行為。演舞場で踊り演じる林くんに無性に逢いたくなったり、もう二度と帰ってこない春を思って切なくなるし、拗らせるかもしれない。

 

だからこそ、なかなか見ることができない。たかがDVDごときで、こんなにエモく面倒くさくなるなんて自分でもびっくりだよ。そして、みるのが怖いんじゃないんだ。もったいないんだ。あまりに尊すぎて。

 

林くんがみせてくれた景色はどれも大切な宝物。だから、ゆっくりとその余韻に浸って回顧していきたいなぁって最近は思うのです。

 

さぁ、今週末はいよいよ歌舞伎のDVDを開封予定。

 

いざ、演舞場!

 

 

広告を非表示にする

2016.6.28 林くん「アンダースタディー」出演決定!

6/28の昼下がり。

仕事の合間にTwitterを開いたとき、衝撃の第一報が飛び込んできた。

 

高田翔・林翔太・仲田拡輝 出演決定!!

アンダースタディー

SPECIAL ENTERTAINMENT PLAY

9/1-11@銀座博品館劇場

 

は!?!?!?!?!?!?!?!?

ちょっと待て!?!?!?!?!?!?

 

動悸、冷や汗、乱れる呼吸。

何が起きた???????ねぇ、いったい何が?

 

慌てて新ジュニア情報局(仮)にログイン。

内容確認…どうやら本当らしい。

 

しばし呆然とした後、急にぐわぁぁぁぁぁ~~~と何ともいえない感情がこみ上げる。

…どうしよう!!!

 

林くん、外部舞台決定した…!

 

この春、滝沢歌舞伎で進化を遂げた林くん。

前回、6月5日のTheyたく更新でお芝居のことを語っていた林くん。

 

こんな時がいつかくるって…いつか来たらいいなって思ってた。

友とも語ってた。「林くん個人のお仕事くるよね、きっと」って。

 

それが、まさかこんな早くに現実になるなんて、涙。

心の準備ができていなかったよ。びっくりしたよ。

ただただ純粋にうれしかった。泣けた。震えた。

 

林くん舞台出演決定おめでとう!!!!!!!!!!(涙)

 

去年の歌舞伎でNHKプロデューサーさんの目に留まって(2015春)

林くんありきで脚本が決まって(2015夏?)

ひそかに鼠の撮影が行われていて(2015秋)

嵐の東京ドームコンサートの後、滝様に呼ばれて2016歌舞伎出るぞと告げられ(2015年末)

まさかまさかのThey武道から単独出演が発表され(2016年初)

新橋演舞場でど肝を抜く圧巻の演技と存在感を見せつけ(2016春)

ついには初外部舞台「アンダースタディ」の出演決定(2016夏)

 

…ねえ、こんなことある?

こんなわかりやすい成功事例みたいな軌跡をたどるJr.っている???

 

これまで林くんが積み上げてきた経験が、ひとつひとつのお仕事が、林くんの未来につながってく。

 

こんなに応援のしがいのある人、わたし出逢ったことないよ(涙)!

とにかく担当冥利に尽きる…林くんを好きになって本当によかった!!

いつも幸せをありがとう!!!

 

なりふり構わず、大人げなく(いや、逆に大人だから)申し込みしたからね!

諭吉さん、青い封筒になって帰っておいでね!

 

どうかどうか、舞台が成功しますように。

林くんが更なる飛躍を遂げますように。

 

今年の9月は熱くなりそう!!!

それまで頑張って生きていく!!

2016.6.20「少年たち」発表!

ドリボの発表そろそろだよね~?なんて思ってたら。

先にきちゃいましたね「少年たち」のお知らせが。

今年は最初から、SnowMan&SixTonesのキャスト発表!

おおお!

 

去年はドリボの制作発表でみやっちが

「(打ち合わせで)俺よりすのーまんの名前のがたくさん出てて…」

なんて言ったもんで、てっきりドリボにすのちゃんがつくと思いきや!

直前で「少年たち」すの追加キャスト発表!という騒動がありましたなぁ。

去年はすのを頑張って追うつもりでいたので、ドリボに全力を注いだのち、慌てて少年たちに駆け込みで振り込むという、ほんとあわただしい夏でした。

すのちゃんも自分たちが出ることを、ファンと同じタイミングで知ったというね。鬼畜。。。

 

今年も日生に1度は観に行きたいなぁ。

日生劇場も好きだし、少年たちも好きだし。劇中歌もやっぱり好き。

「闇を突き抜けて」とかね。2幕のSHOWTIMEも楽しかったし。

すのちゃん「ZIGZAG LOVE」はちまきの衝撃を思い出した、笑。

すとちゃんのオリ曲「この星のHIKARI」「BE CRAZY」も好きだ~。

 

出番の多さとしては、ジェシー・大我がメイン、その次に関ジュの看守くん3人(室くん、西畑くん、向井くん)、んで、ひーくん…だったかな。

なべちゃんは、出番も少ないし、あのキャラも生かされてなくて、物足りなかった印象。

 

さてー。本命Theyちゃんたちの秋の現場はどこかな?

ドリボ今週中かな?

 

ヒメアノ〜ル、みてきました

林くんがTheyたくで熱く語っていたのでみてきました!

f:id:yuzukosho01417:20160606192857j:image

いや。ちょっとこれ、ふらっとみにいっちゃいけない作品だった。
いろんな描写がすごすぎて、剛くんがすごすぎて…ちょっとわたしには受け止めきれない作品でした>_<
シンドイ…色々と。
咀嚼したら具合悪くなるから、そっと蓋をして頭のどこかにしまっておきます。

林くんこんなんみたのか!
いや、こんな役とかやらないでね、やることないと思うけど…
これみた剛担大丈夫なんだろか…
わたしなら無理だな>_<


応援するということ。

応援するってなんだろう。
 
ここんところ、ずっと考えています。
そもそも《応援する》という感覚がない人もいるのかも知れないけど、わたしは少なくともアイドルを《応援》しているつもり。
じゃあ、その《応援》ってどういうことなのかな?
 
*大辞林より
《応援》とは
1.他人の手助けをすること。
2.(競技・試合などで)歌を歌ったり声をかけたりして味方のチーム・選手を元気づけること。
 
1.手助けかぁ・・・これはCD・DVD売り上げ、テレビの視聴率・映画の動員数・雑誌の売り上げ・FC会員数・コンサートチケット・舞台チケット・グッズ収入・ジャニショ公式写真売り上げ、ステフォ売り上げ・・・こんなところかな。主に数字によるところなのかな。
林くん含め、Jr.に関しては数字で貢献するのは限界があるけれど、わたしは可能な範囲で貢献できているのかなぁ。よくわからない。
この春でいえば、歌舞伎チケット・ステフォ購入、ジャニショ公式写真購入、雑誌購入、ジャニーズ銀座チケット・クリアファイル購入、当日券列、鼠江戸を疾る2視聴(再放送)・・・
 
2.相手を元気付ける
これすごく難しい。簡単なようで難しい。林くんはどうしたら元気づけられるんだろう。ファミクラに送られてくるファンレターの数?SNS上での賞賛の声?舞台での拍手?クリエでの声援?ファンの楽しそうな笑顔?
今回のTheyたくで林くんは《ファンのみんなの笑顔》という言葉をたびたびあげてくれていました。その言葉を素直に受け止めるなら、わたしたちが楽しそうにしているのが原動力になっているのかな?
 

アイドルって不特定多数に向けていろんなものを発信するお仕事で。歌・踊り・笑い・演技・紙媒体での言葉・作品etc…
「自分がやりたいこと」「ファンが望んでいること」「事務所から要求されていること」にうまく折り合いをつけて何かを伝えてくれている。
わたしはそれを受け取ることで元気になったり、励まされたり、幸せになったり、どきどきしたり、癒されたり。
《応援》に対して、そういう目に見えない《ご褒美》があるからファンでいるんだけども。
 
じゃあ、その《ご褒美》が意にそぐわないものだとしたら?
自分が求める《ご褒美》が返ってくるよう、相手に変わってほしいと要求するのかな?
・・・たぶん、それって《応援》じゃないよね?
 
わたしは人間関係には見返りは求めていません。
自分が「そうしたい」から「する」っていうのがほとんどで。
(とか言っているけど、大好きなお友達から冷たくされたらさすがにへこむけど、笑)
自分以外のヒトは、すべて別人格だからコントロールするつもりもないし、できるとも思っていない。
血の繋がった家族だってそうだから。
ましてやアイドル・林くんをコントロールすることなんてできるはずはありません。
 
だから、林くんを《応援》するというのは「ああしてくれ、こうしてくれ」と要求することじゃなくて
林くん自身が伝えてくれるものを受け入れて、共感して、それに対して声援や売り上げで応えることなのかな。
それによってたくさんの目に見えない《ご褒美》を貰っているわけだから。
わたしにとっての何よりの《ご褒美》は林くんの幸せそうな充実感に満ちた顔をみること。これ以上のものはありません。
 
もし、その《ご褒美》が意にそぐわないものになったとしたら。
それは林くんを離れるときだと思っています。
 
自分なりに上手に林くんを《応援》できるかな?できているといいな。