読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージはいつでも雨のち晴れ

高く翔び立つキミに風を送りたい

林くんへのキモチの変化。

いろいろと葛藤して自分なりに準備をして、林くん26歳のお誕生日に林担となることを心に決め、初めて迎えた2016春。現場ラッシュが一区切りついたところで、They武道や林くんへのキモチの変化を記録しておこうと思います。 

***************************************

 

●2012~2013年

嵐コンでぜいの3人が紹介されているもののまったく興味なし。ずっと「They武道西武ドーム」だと思っていた。

●2014年春「滝沢歌舞伎」

なんだか面白そうっていう興味本位で1度だけ観劇。舞台班Jr.の職人ぶり、滝沢組の一体感に激しく胸を動かされる。この時注目してたのはすのーまん。ふっか扮する【のり蔵】がお気に入りに。They武道が出ているらしいと聞くも、誰が誰だか把握できず。安宅の関で睡魔に負け、うとうとしてるところに「待たれーい!」の美声でびくっと起こされた記憶あり(これ富樫・林くんだと後に知る、林くんごめんね①)

●2014年冬「嵐 THE DIGITALIAN

They武道がついていることは把握した。えだりょがDisco Starで花道アクロしてるっぽい。「もう一人誰だっけ?まあ、いいか」のレベル(林くんごめんね②)

●2015年春 滝沢歌舞伎

大好きな北山くんが出るので相当鼻息が荒くなる。They武道も出てるのか。あ、ほんとだ!「いつか」でシルバージャケ着て踊ってる。江田ちゃんの上半身、ムチムチして好き、セクシー!舞台化粧シーンのやまりょかわいいなぁ。WITH LOVEの花びらフウウウするやまりょかわいいなぁ。以上(林くんごめんね③)

●2015年夏「嵐THE DIGITALIAN」DVD発売

翔くんソロ、相葉ちゃんソロのバックにつくとびきりかわいい男の子に目が行く。「!?!?!?」あわてて名前を調べる…え?!あれThey武道の林くん?!え?ちょっと待って…やばい(頭真っ白)林くんに堕ちた1回目。…その後、友人とデジ鑑賞会するも「みてみて!この子!林くんっていうの、すっごいかわいいよね?ね?」と力説していたような。このころから沼に片足つっこみ始めてたのかも。

●2015年秋「DREAM BOYS」

They武道がでるのでは?という噂を初日前日に聞きつけ、あわててチケットを探しているところに友人から「初日一枚あるよ、どう?」のお誘い!!鼻息荒く飛びつき、初日の幕があがるとそこには白スーツを着た林くん(涙)!やっばーーーーーーーーーーーーい!めっちゃかわいい、キラキラした粉をふりまいてる!すごい好きかも、この人!ひたすら双眼鏡で林くんをむさぼる。すべてに萌える。もっと見たい。なんとか2公演入ることに。

●2015年冬「嵐Japonismコン」@東京ドーム

嵐東京4days、ありえないくらいの神席で。きっと嵐運使い果たした。全部アリーナ花道・メインステ・センステ・バクステ近く。でも、このお席で誰を見るのかな、私。いや、潤ウチワだよ?潤担だからね?(あ、でも一応、【They武道】うちわ、もってこう)そう思って、迎えた12/23東京初日。あろうことに「愛を叫べ」で林くんが目の前ゼロずれ!!!!!ひえええええええ、なんじゃあのかわいい生き物は?!あいあいあい♪でまさかこっち指差してます?え?なんですかその顔!!ひいい!ロックオンされた!呼吸止まりそう!どうしましょ、目が逸らせない。石のように硬直。林くんが去った後、椅子に崩れ落ちる。林くんに堕ちた2回目。12/27オーラス、もしかしたら…また近くにくるかも?と【林くん】うちわを急遽作成し持参。すると!「Believe」でまたもや目の前、ゼロずれ!!!!やややややややや、ちょちょちょちょ、うちわ見てる?みてるね??ずっと見てるしずっと指差してるしずっと笑ってるし…何あの人、わたしをどうしようと?!(落ち着け)去り際にドヤっとスマイルかましてお手振りしやがった!!!!!!!やばい、完敗だ。

●2015-2016年「カウコン」@東京ドーム

これはもう、They武道が出るとか全く思ってなくて、なんとなく楽しそうだからってことで行ってみた。そしたら!!いた!林くんいた!しかも3塁側、めっちゃ目の前で踊ってるし、トラジャ拡輝とワチャワチャしてるし(のちに舎弟であること判明)はああああ、ここでも林くんに逢っちゃうなんて、こりゃ運命だわ(あいたたた)

●2016年1月「滝翼 正月コンサート」@東京ドーム

もしかしたらThey武道出るかな~って思って申込みしたけど、なんだ…トラジャだけかぁ、とがっかりしつつ、2日目。なんと…見学席にThey武道が!!やっばーい!ボーダーカットソー&ジーンズの林くん、リア恋すぎるし。かわいい、かっこいい!コンサート中、結局見学席ばっかり見てたよ、タッキー、翼くんごめんねええ。えだりょがハシャいでノリノリなのとは対照的に、林くんはほとんど動かない。楽しむというより、俯瞰して演出やそれに伴う客席の反応をじっと観察してるっぽい。意外とブレイン派なのかな?

●2016年1月「滝沢歌舞伎2016」出演者発表

ずっと年末から林くんのことばっかり考えてる。キスマイどーした?藤北どーした?あんなに大好きだった二人にトキメカナイ。やばいこれ、相当キテル。…もしかしてこれ、林くんに降りるの?いや、でもJr.担とか無理。絶対無理!!断固として否定!!メディア露出もないし、現場もいつあるかわからないんでしょ?そんな中、滝沢歌舞伎の出演者・日程が発表になる。え?「林翔太」ってどゆこと?江田ちゃんとりょうちゃんはどこへ?てっきりThey武道の三人が出るもんだと思い込んでた。うーんうーん、なんだか複雑な気分(基本グループごと応援したい派)…でも、とりあえずチケット争奪戦がんばらないと!!

●2016年2月はじめての「Theyたく会」、林くん26歳のお誕生日

歌舞伎DVDが発売され、誰かと林くんやThey武道に沸きたい!と思っていたところに唯一の林担のフォロワーさんから鑑賞会のお誘いが。お仲間増やしたい!!と勇気を出していってみることに。ここで初めて江田担さん山本担さんとも出逢う。みんな、いい方(涙)そして元いた畑が同じ…共通点が多くて安心できた。同じものを愛でてシェアできる幸せ。わたし、こんな人たちとなら一緒にThey武道を応援できるかもしれない、と。やっぱり環境って大切。仲間って大事。

そして、2月8日。林くんの26歳のお誕生日。この日限定のつもりでTwitterのアイコンを林くんに変える。そんな些細なことがすごく嬉しい。お誕生日だからと、沢山林くんのことをつぶやく。ケーキも買ってフォロワーさんともスマホ越しにお祝い。なんて幸せなんだろう…と同時に、このままずうっと林くんの魔法にかかっていたいと強く想って。次の瞬間、

《わたし、林くんを最優先に応援します》

と宣言してた。自分でも驚く程、自然に。あんなに誰かの担当になることを恐れて拒んでいたくせに。林くんへのキモチはもうとっくにコップから溢れて、次から次へと湧き出てきていた。そう、きっとこのタイミングだったんだね。すべてはタイミング。

●2016年春「滝沢歌舞伎2016」

初日の幕があがった。シルバーと赤の衣装をきてセンターで力強く誇らしく勇ましく踊る林くん。想像通り…いや、想像以上だった。わたしは決して恋に恋してたわけじゃなかった。そうだ!林翔太という人が放つ輝きに惚れたんだと。4/10、林くんに堕ちた3回目。

林担として迎えた初現場は、毎日驚きと幸せと感動の連続で…とにかく、めまぐるしく進化していく林くんから目が離せなかった。林くんは昔からこうやって1人で活動してたんじゃないかって錯覚するくらい、伸び伸びと生き生きとして、今まで秘めていた才能を、思う存分スパークさせてた。「覚醒」「開花」「変容」「転換」そんな言葉がぴったりだった。They武道という看板をしょってる感じはなくて、演舞場に立つのは「役者・林翔太」だった。もしかしたら林くんこのままアイドルじゃなくてもいいのかも、と。3人で共倒れになるくらいだったら林くんだけでも役者としての道を進めばいいんじゃない?って思った。と、同時に歌舞伎の見学にこなかった江田ちゃんりょうちゃんとの温度差も気がかりだったことは事実。とにかく林担として駆け抜けた、燃え尽きた。クリエのことなんて全く考える余裕がなかった。

●2016年5月24-26日「They武道クリエ」

林担になり「林くんが所属する【They武道】というグループ」として3人をみるのは初めて。3人でいるときの雰囲気はどうかな?えだりょとの距離はできちゃってないかな?そんなことも気がかりで。まだどことなく歌舞伎の余韻に漂う中、クリエ初日を迎える。「遊園地」というコンセプトを事前に聞いていたからか、「あれ?これ遊園地っぽい?うーーん、なんか違わない?」って採点するように頭でっかちにみていたのかも。とにかく3人とも緊張しているのか、表情も固くてぎこちないように思えて。わたしはそれが「えだりょ↔林くん」の間に生じてしまったズレだと感じた。「ああ、やっぱりか…」と正直ショックだった。

でも、その不安は2公演目に全てぶっとんだ。格段にパフォーマンスが向上していて、全く別グループの公演をみているみたい。3人と7人が作り出す一体感と多幸感。とにかく単純に楽しくてハッピーで。その後も公演を重ねるごとにどんどんブラッシュアップされていった。すごい…なんか、本当にすごいね?!こんな人たちが今まで埋もれてたの?がけっぷちアラサーJr.と呼ばれる彼らのポテンシャルを感じずにはいられなかった。クリエという小さな箱でやるレベルはとっくに超えていた。歌やダンスはもちろんのこと、振り付けもできて、構成力あって、童顔でかわいくて…They武道はわたしの想像以上にすごかった。愛おしかった。そしてライブをしている林くんはとっても楽しそうだった。やっぱりアイドルでいて欲しい…!ステージのセンターで輝いていて欲しい!そのためには1年に1回でもいい。3人でライブをして「アイドル・林翔太」であり続けて欲しいと。だってこんなに可愛くてかっこいいんだもん!!

***************************************

つらつらと遡って書いてみたけれど…私は林くんが大好きなので、林くんが輝いていてくれればそれでいいというのが極論。ただ、クリエをみて、They武道というグループのもつポテンシャルに圧倒され、感銘を受けた今、3人がもっともっと認められて活動する場が増えないものかと心の底から思いました。

 

They武道というグループをまるごと愛せるのか】

林担になって、ずっと自分に問い続けていたこのことに、今なら自信をもって《Yes》と答えられる。迷いなく《Yes》と思わせるものを彼らはクリエで見せてくれました。

 

そしてもう1つの問い…

【林くんってわたしにとって何者なの?】

について現時点でのキモチを。

ジャニヲタになってから【アイドルは日常生活に華を添える嗜好品】だと思ってたわたしの概念を、林くんは見事にぶち壊してくれました、気持ちいいほどに見事に。こんなに心の底から応援したいと思える存在に…まさか肉親以外で出逢うなんて思ってもみなかった。そして、あれもこれも欲張りなわたしに「たった1人を強く想える幸せ」を教えてくれました。レッスンを重ね、コツコツと地道に努力をして、経験値を積んで…決して派手さはないけれど一歩ずつ確実に、自分に与えられた任務を全うする姿。仕事に対しての真面目で実直な姿勢、周りへの謙虚と感謝のキモチ…林くんが何度も綴っていた言葉が今はとても心に沁みてきます。自分も努力を惜しまずラクな方に流されず努力しなくちゃ!と素直に思えました。わたしの人生観にまで大きな影響を与えてくれた林くん…♬こんな好きな人に出逢う季節、2度とない〜♬です、まさに!!たかがアイドル、されどアイドル。

 

歌舞伎を終えて、クリエを終えて一週間が経ち思うこと…

 

林くんが大好き!They武道が大好き!!!

 

どうかどうか、彼らがこれから見る景色が幸せで溢れていますように。

そして、いつまでも彼らに風を送り続けられますように。